ペットボトルのラベルレス。「箱売り」だけでなく店頭販売へも

ペットボトルのラベルレス。「箱売り」だけでなく店頭販売へも

経済産業省の省令改正で可能になった、ペットボトルのラベルレス。1本ずつ購入するときには、ブランド名は必須だが、通販での箱買いではひとつずつにラベルがなくても困ることはありません。実際、廃棄の際にはラベルを外す手間も省けます。また、ラベルもプラスチック。ごみ削減にもなります。

サントリーの「伊右衛門」では、コンビニ販売で小さな表示のみでのラベルレスを限定的に販売したこともあります。今後、店頭での販売も「小さな表示ラベルをボトル上部に貼り付る」ことで環境問題への取り組みになっていく可能性もあります。

関連記事

ペットボトル「ラベルレス化」 処分も手間いらず 新商品相次ぐ

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US