トランスジェンダーで悩む就活生が選んだ髪型と生き方

トランスジェンダーで悩む就活生が選んだ髪型と生き方

ヘアケアブランドのパンテーンを転回するP&Gジャパンが、9月30日の朝日新聞朝刊に掲載した広告。

「#HairWeGo」というハッシュタグでTwitterで話題になりました。それは、就活の際にトランスジェンダーであることを伝えるか? 隠すか? と自問自答した二人の就活生の選択。

正直、コロナ禍で通常の就活も難しいと言われている時代ですが、それでも働くことは一生のこと。どうスタートを切るか、考えるタイミングでもあります。

髪は、自分を表現するもののひとつ。偽らない自分であることで勝負をした二人の言葉は、今苦しむ誰かを、いつか笑顔にできる、そんな気がします。

当事者でなければ分からないこと。常識と呼ばれることで決めつけないこと。常識は常に変わっていきますから。

関連記事

「この髪が私です。」トランスジェンダーの元就活生が登場する新聞広告がTwitterで反響を呼ぶ
パンテーン(Twitter)

関連記事一覧

新着TOPIC

  1. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  2. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  3. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  4. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

  5. ハワイ島からの切実な声。日本から海洋ゴミが流れてついてしまっている。