食品ロスならぬ、衣服ロス。コロナ禍の影響もあり、在庫過剰

食品ロスならぬ、衣服ロス。コロナ禍の影響もあり、在庫過剰

毎シーズン、各ブランドが新しいブームを作ります。そうやって衣料業界はまわってきました。しかし、コロナ禍の影響で、在庫過剰、衣服ロスが起こっていと言います。

まさに、目標12. つくる責任つかう責任 です。

しかし、急に起こったコロナ禍に対して、各ブランドは準備をすることはできませんでした。
作ってしまったものを、自粛などで購入する人が少なくなったという現実でしょう。

人は、外出する際にオシャレをしますし、パーティなどでは着飾ります。しかし、人が集まるイベントが中止になり、それらを披露する場がなくなってしまいました。
自宅でもオシャレな方はいると思いますが、割合的にはひくいでしょう。

そして、何より洗濯をしやすいものを選ぶようになった方も多いのはないでしょうか?

大手の衣料メーカーが廃業というニュースも出ています。
withコロナとして生きていく時代に、必要な衣料品は何か?

改めて考える時代が来ているように感じます。

関連記事

ディノス・セシールが「セシール」ブランドのECサイトにダイナミックプライシング導入、「在庫過剰・衣服ロス」を解決
高級ブランドすらも…アパレル在庫がレンタルに大量流入 コロナで不振「過剰供給」も背景に

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US