小麦粉を使わない「たこ焼き」。練り物の消費低迷での発想が、アレルギー問題につながるといい

小麦粉を使わない「たこ焼き」。練り物の消費低迷での発想が、アレルギー問題につながるといい

東日本大震災から、間もなく10年。南三陸町と気仙沼市の経営者が開発した小麦粉を使わないたこ焼き「BBたこB」。これは、練り物の消費低迷からの発想ですが、もし小麦粉アレルギーの方が食べられるたこ焼きになるのなら良いのに、と思っています。

調べてみても、その点に触れられていないのですが、たこ焼きが食べられない人たちもたちもたちが、魚のすり身を使ったたこ焼きを食べることができたら。三陸フィッシュペーストが、復興のために考えた商品が、別の面でも役立つと嬉しいです。

味は、「普通のたこ焼きと変わらない味」というコメントが書かれています。

関連記事

新発想「たこ焼き」小麦粉代わりに使ったのは…若手経営者2人が開発

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US