ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

ユネスコ「国際数学の日」制定を記念し、「私の数学のイメージ」表現コンクールが開催されます。

本コンクールの目的

・ユネスコ(UNESCO:国連教育科学文化機関)が3月14日を「国際数学の日」と定めたことを記念するため。
・国内外の中等教育段階の生徒が、数学と社会とのつながりの理解を深め、数学を学ぶ関心・意欲を高めるきっかけとなること。
・受賞作品の公表を通じて、国を超えた若者の知恵の交換と異文化の交流となること。

募集内容

以下の5つのテーマについて、皆さんの考えを、ポスター(絵・図・写真)または動画で表現した作品を募集します!

・私(たち)にとって「数学とは」
・私(たち)の「生活の中」の数学
・私(たち)の将来なりたい職業と数学との関係
・私(たち)の地域や、国、世界の中の様々な課題を数学で解決するアイディア
・数学に興味関心が低い同世代の人たちに、数学に興味を持ってもらうためのPR

 ※数学は「科学(サイエンス)」の中でだけ使われているわけではありません。幅広い視野に立った自由な発想を期待します!

*以上の「5つのテーマ」のいずれか1つについての作品を制作し応募してください。複数のテーマに対して制作・応募していただいても構いませんが、テーマ毎に別々に作品を制作・応募してください。
*1人で考えても、学校やクラス、友人同士で考えてもOKです。
*制作者本人のオリジナルな作品で、未発表のものに限ります。

(参考動画)
作品の制作にあたって皆さんが考えるきっかけとなるよう、サイエンスナビゲーターとしてご活躍の櫻井進さんに動画を制作していただきました。是非参考にしてください!

※本事業は文部科学省「ユネスコ未来共創プラットフォーム事業」の一環として実施します。

詳しくはコチラ

菅 浩之

菅 浩之SDGs NAVI 中の人

記事一覧

株式会社IMPACT 代表取締役 / 株式会社マザーアースCOO
1979年生まれ マーケター歴約20年。これまでのWebマーケティング・Webコンサルティング実践経験や100サイト以上のメディア運用、WEB集客に携わった経験を活かして、MAやCRMを活用したデジタルマーケティングでWebサービス効果の最大化を追求し続けている。趣味はサッカー。毎週金曜日のフットサルは18年間欠かさず継続中。また少年サッカーのコーチも兼任。

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US