SDGsとコロナ禍は切り離して考えられない

緊急事態宣言が解除され、経済が動き始めました。しかし、新型コロナウィルス感染症の問題が解決したわけではありません。ワクチンの完成が待たれます。

そして、新しい日常が始まり、人はそれぞれ自分のことで手一杯になっている部分があります。SDGsに掲げられていることは、人生に少し余裕があってこそできることも多く、コロナ禍では、思うように進まない部分もあるのではないでしょうか?

ただ、それを公には言えないでいる、そんな気がします。SDGsとコロナ禍を切り離して考えることはできない、だけど、なぜかニュースは切り離されているように感じています。

5月12日のニュースでは、改めてSDGsのことが書かれていました。

SDGsは、

“経済発展”と“環境”という2大テーマをひとつにまとめたのがSDGsだ。

なのです。

ですから、地球規模で起きている危機的状況の今、無理に切り離さず考えていくのもありではないでしょうか?
経済がここまで厳しくなっているのですから、17の目標を考えるとき、コロナ禍を見ないふりはできません。

2020年の
サステナブルな自治体ランキング(2020.1.21)
SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング2020(2020.3.25)
このランキングも変わるかもしれません。

とにかく2020年は先が読めない、何が起こるか分からない年。
だからこそ、動ける人・自治体・企業・国
だからこそ、動けない人・自治体・企業・国
それぞれあると思います。

2030年まであと10年の今、予想しなかった経済の落ち込みで、これまで通りは難しくなっているように感じます。

関連記事

「SDGs」の誕生理由とは?今後どんな成果を実現していくのか、改めて振り返ってみる
サステナブルな自治体ランキング2020【完全版】
SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング2020【全100位・完全版】

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US