スーパーサイエンスハイスクール:広島県立西条農業高校がエコフィードで育てるブタ

スーパーサイエンスハイスクール:広島県立西条農業高校がエコフィードで育てるブタ

スーパーサイエンスハイスクールに認定されている広島県立西条農業高校には、マツダスタジアムの5倍の広さの農場があります。そこで、畜産科の生徒が育てているブタ。

そのブタのエサにしているのは、エコフィードと呼ばれる廃棄されるものだった食品です。これまで廃棄されていた「西条松なめこ」の軸の部分をエサにしています。

雑食であるブタは、資源の活用がしやすい家畜とのこと。そして、きのこにはアミノ酸が多く含まれ栄養価も高いのです。これまでエサにしていた食材を食料を必要としている人に届けることができれば、と考えています。

SDGsという言葉は、まだ30%ほどしか認知がありません。2030年、2050年を生きていく今の10代には、なかなか届いていないと感じています。自分たちが活動することでリアルに知ることができれば、他の面でも必要性が理解しやすくなるのではないでしょうか?

関連記事

高校生が育てるブタ…エサに注目 西条農業「エコフィード」の取り組み
・広島県立西条農業高等学校

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)

SDGsナビ YouTube