コカ・コーラ社:リサイクルでフェイスシールド製造。販売のためでなく医療機関へ寄贈

コカ・コーラ社:リサイクルでフェイスシールド製造。販売のためでなく医療機関へ寄贈

ピーター・ドラッカーの名言に、“企業とは社会のための道具であり、社会のための組織である。”という言葉があります。

今まさに、企業は社会のために何かを行うことが必要だと感じています。コロナ禍で多くの企業が自社の利益を守るために、または少しでも利益になるために、これまで行っていなかった分野に挑戦していくニュースが流れています。これは企業が経営をするために必要なことです。

このニュースは、販売のためではなく、医療機関へ寄贈のための製造という社会的な活動です。コロナ禍で、日本国内での資源循環リサイクルに停滞の可能性があるとのこと。コカ・コーラ社は、自社でできることで社会のための組織となっています。

業種により、今動ける企業もあれば、難しい企業があると思います。企業が存続することが社会には必要です。今できることをできる企業が行うことが大切なことだと思います。

関連記事

コカ・コーラ、リサイクルPETでフェイスシールド製造。医療機関へ寄贈

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US