リサイクルはどこまで可能なのか? 電子ごみが過去最多

リサイクルはどこまで可能なのか? 電子ごみが過去最多

電子ごみとは、電子機器や家電製品などの廃棄物の総称のこと。具体的にいえば、PC、ディスプレイ、携帯電話、テレビ、冷蔵庫、照明器具などです。

コロナ禍でスマフォを持つようになった方もいるというニュースも聞きますし、在宅勤務7割を推奨する時代、自宅にパソコンがなかった方も購入された方もいるかもしれません。そして、暑い夏には、エアコンは必須ですし、自粛期間にはテレビもいつも以上に稼働したかもしれません。

と考えると増えることが当たり前を思わざるを得ない、電子ごみ。
2019年は、これまでで最多になったとのことです。

そして、2020年はもっと増える可能性もあります。
ただ、それらのゴミが正しくより多くリサイクルされればよいのですが、リサイクル率は17.4%という低い数字です。

電子機器には、環境を汚染する物質が使われていることも多く、正しくリサイクルされず環境汚染につながっている恐れもあるとのこと。

人が便利を手にするほどに怒る残念なこと。このネガティブサイクルをどうしたら断ち切ることができるのか?

関連記事

2019年に廃棄された電子ごみの量が過去最多に

関連記事一覧

新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US