TBSが行う「SDGs(持続可能な開発目標)ウィーク」11月23日(月・祝)~11月29日(日)まで

TBSが行う「SDGs(持続可能な開発目標)ウィーク」11月23日(月・祝)~11月29日(日)まで

2020年3月でのSDGsの認知率が約3割強と言われている日本。スタバが紙ストローを使い始めたり、紙カップに切り替わったり、レジ袋が有料になったり、身近なことが変化していても、「その理由を知らない」という人もいるかもしれません。

夏が暑くなり、台風の被害が大きくなり、魚が高くなるなど、私たちの生活も変化を余儀なくされています。正直、地球は住みにくくなっていると感じています。

便利であることに慣れてしまうと、なかなか戻ることができません。しかし、戻ることが地球にとって必要なこともあります。

テレビの視聴率が下がったと言われても、やはりテレビの影響力は大きいです。これは広報の仕事をしている、と感じることです。「SDGsウィーク」が、TBSが各番組でそれぞれの角度から正しく分かりやすくSDGsを伝える1週間になれば、2020年11月30日にはSDGsの認知率は上がる可能性もあります。
民放キー局の活動に期待します。

関連記事

TBS、11月に「SDGsウィーク」開催 キャンペーン大使に安住アナ、香川照之、指原莉乃が就任
TBS:「SDGs(持続可能な開発目標)ウィーク」キャンペーンサイト

関連記事一覧

新着TOPIC

  1. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  2. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  3. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  4. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

  5. ハワイ島からの切実な声。日本から海洋ゴミが流れてついてしまっている。