旭化成ホームプロダクツ・ビームス(BEAMS):ジップロックを回収し傘を制作。アイカサでシェアリングへ

旭化成ホームプロダクツ・ビームス(BEAMS):ジップロックを回収し傘を制作。アイカサでシェアリングへ

ゲリラ豪雨という言葉が当たり前になった昨今。突然の雨にビニール傘を買う人も多いですね。そのように購入された傘などが、日本で年間8000万本廃棄されています。

このような状況から、旭化成ホームプロダクツではジップロックを回収し傘にリサイクル、アイカサのシステムを使い駅でのシェアリングサービスとして傘を使う取り組みを9月中旬から開始します。

傘のデザインはBEAMSが手がけ、ジップロック(Zoploc)の文字と赤と青のラインでオシャレな仕上がりです。
傘になるという明確な目的のあるリサイクル、シェアリンクシステムという明確な利用先のある製作。

捨てられる傘が減ることはもちろん、目的ありきのリサイクルが増えていくことが、SDGsには必要だと感じています。

関連記事

ジップロックを再利用した傘のシェアリングサービス開始へ、ビームスがデザインを監修

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)

SDGsナビ YouTube