多くの国で販売されているのに、日本では販売されていない「緊急避妊薬(アフターピル)」

多くの国で販売されているのに、日本では販売されていない「緊急避妊薬(アフターピル)」

妊娠は女性だけの問題ではありません。女性だけでは妊娠はしないからです。しかし、子供は女性の身体に宿ります。
日本では、性教育が遅れていると言われており、今年の3~5月には「にんしんSOS東京」への10代からの相談が、例年の1・6倍に増えたといニュースや、「こうのとりのゆりかご」にも4月には、中高生からの相談件数が過去最多になったと言われています。

日本では、市販薬として販売されていない緊急避妊薬(アフターピル)についてテレビで放送されました。その放送内容について、女性が声を上げました。change.orgでは、本日(8月3日)現在、「もう少しで 150,000人に到達します!」となっています。

女性の活躍を応援するという言葉の裏で、変わらない日本。妊娠をするのは女性だけです。その状況で、女性の活躍を謳うことは難しいことです。

関連記事

緊急避妊薬の問題から考える 「変わらない日本」を変える女性たち
アフターピル(緊急避妊薬)を必要とするすべての女性に届けたい!(change.org)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)

SDGsナビ YouTube