パタゴニア:マイクロプラスチックを通さない洗濯ネット

昨日、マイクロプラスチックの話を書かせていただいたが、アウトドア用品製造会社「パタゴニア」から、マイクロプラスチックを通さない洗濯ネットが発売されています。

100円ショップでも購入できる洗濯ネットが、4,070円ということで二の足を踏んでしまいますが、「自分さえよければ」という考えを排除すれば、必要なことでしょう。

目標14. 海の豊かさを守ろう は必要であり、海洋汚染や海洋生物への問題は限界にきています。

企業の在り方を、商品で示す時代が来ています。
以前、書かせていただいた「SDGsウォッシュ」にならないように、企業も個人も姿勢で見せることが大切です。

SDGsウォッシュとは、

国連が定める17の持続可能な開発目標(SDGs)に取り組んでいるように見えて、実態が伴っていないビジネスのことを揶揄する言葉。 実際はそうでないにも関わらず、広告などで環境に良いように思いこませる「グリーンウォッシュ」が元になっている。

です。

洗濯をするときに使うものを変えることが、社会問題に貢献できる。これは個人でできることではないでしょうか?

<環境視点>(下)フリースの洗濯から考える 合成繊維のくずが海汚す
グッピーフレンド・ウォッシング・バッグ(パタゴニア)

関連記事一覧

新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US