静岡市葵区の日興美術:SDGsを学ぶためのシールブックを製作。子供たちに楽しく伝える。

静岡市葵区の日興美術:SDGsを学ぶためのシールブックを製作。子供たちに楽しく伝える。

大人でさえ難しいと感じるSDGsについて、子供たちに伝えるためのシールブックを静岡県の印刷会社日興美術が製作しました。

子供には難しいのでは? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、子供たちこそ知るべきことだと思っています。便利な社会を作り出してきた世代である大人たち。しかし、そのツケを払わなければならないのが、子供たちなのかもしれません。

昭和の時代、日本の夏はこんなに暑くありませんでした。その代わり100円ショップはありませんでした(あったかもしれませんが、街中に溢れてはいませんでした)。猛暑・酷暑・ゲリラ豪雨など、新しく生まれた言葉があります。夏に40度を超える経験を、私は子供の頃にしたことはありませんでした。

また、食品ロスは家庭ゴミからが多いという数字が出ています。これは、コンビニやスーパーの長時間営業などで、いつでも買えることが理由になっているかもしれません。食事はとても大切なことですが、傷む前に廃棄されているものが多いのが現実です。

食べ物を大切にする、プラスチック製品に対する意識など、子供の頃から知っておくことが彼らの未来を創ります。

社会起業家として活動する10代の女性が海外に多いのは、自分たちの未来を案じてのことです。私たち大人は、うまくすり抜けてしまう可能性が高いからです。

大人の責任として、子供たちの未来が少しでも良いものになるよう、正しい情報を伝えることは必要なことです。

関連記事

シール貼りSDGs学ぶ、幼児や児童に配布 静岡・日興美術が本製作

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US