松坂屋上野店の人気催事「食品もったいないセール」を初めてWeb上で開催

「百貨店は厳しい」と言われているなか、各社新たな取り組みを考えています。
松坂屋上野店では、年2回特別催事として行われ多くの人が訪れる「食品もったいないセール」を、今回初めてWeb上で開催しています。

これは、新型コロナウイルスの影響からとのことですが、百貨店も待っているだけでは難しい時代。通販へ人が流れてしまっている今、自社でも行えることを考えていくときがきています。

催事は、その期間、その店舗ならではの特別なものですが、インターネットが普及した今、百貨店ならではの商品ラインナップであれば、他の通販とは一線を画すことができるのではないでしょうか?

サイトを見ると、ワインや保存食品が並びます。そして、もったいないセールの意味は、そこにワケがあります。「商品入れ替え」や「賞味期限が通常より短い」「在庫処分」など。賞味期限がある一定の日数を超えたものは処分されてしまうということを以前聞いたことがあります。しかし、まだ食べられるもの。まさに食べる責任です。また百貨店の在庫処分は、催事ならではというイメージです。

食品ロス軽減は、
目標12. つくる責任つかう責任
です。

上野に行けなくても、参加できる催事を楽しんでみるのはいかがでしょうか?
承り期間は、6月30日(火)午前10時までです。

関連記事

食品ロス軽減!松坂屋上野店の名物催事「食品もったいないセール」がオンライン開催
松坂屋上野店
食品もったいないセール(松坂屋上野店の人気催事をWEBで特別販売)

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US