JICAへの出資アップ!安倍晋三首相がASEAN首脳会議で支援倍増を表明

ASEAN(東南アジア諸国連合)の首脳会議でタイを訪問中の安倍晋三首相が、JICA(国際協力機構)への出資を倍増させると表明いたしました。
ASEAN諸国のインフラ開発や女性活躍などを支えていく考え。

安倍総理大臣は、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオスの5か国との「日・メコン首脳会議」に臨み、「SDGs=持続可能な開発目標」に関して協力を確認する成果文書を採択しました。
成果文書には、自然と人材の豊富なメコン地域の永続的な繁栄を実現するとして、日本が各国に対し、廃棄物処理への資金と技術協力を進めていくことや、農業の生産性向上に協力していくことなどが盛り込まれています。

出典:NHK

海外投融資イニシアチブは日ASEAN首脳会議で発表した。(1)電力や水道、都市、情報通信などのインフラ整備(2)金融サービスの環境改善による中小事業者や女性らの支援(3)気候変動対策としての省エネルギー事業促進――の3分野が柱だ。他の開発系金融機関や民間の銀行との連携も強化していく方針だ。
ASEANと日中韓3カ国による首脳会議では、今年6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の議論を踏まえて協力を呼びかけた。
海洋プラスチックごみ問題で日本の技術力を生かして貢献する方針を表明した。

出典:日本経済新聞

国民は否定的な声が多い模様

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)