プラスチックを資源と捉える。選ぶだけでエコになる。「い・ろ・は・す」とユニクロが協働キャンペーン

プラスチックを資源と捉える。選ぶだけでエコになる。「い・ろ・は・す」とユニクロが協働キャンペーン

減らすことではなく、いかにリサイクルするか? を考えることもSDGsの考え方です。
すでに100%リサイクルPET素材での「い・ろ・は・す天然水100%リサイクルペットボトル」を発売しているコカ・コーラシステムと
使用済みPETでつくられたリサイクルポリエステルを30%取り入れた「ファーリーフリース」を発売しているユニクロ。

「い・ろ・は・す」とユニクロが協働キャンペーンを行います。

以前、「ごみゼロ(ゼロ・ウエイスト)宣言」をしている徳島県上勝町を紹介しましたが、この町はゴミを13品目45分別をして2016年度にリサイクル率81%を記録しています。

そして、2020年4月には「上勝町ゼロ・ウェイストポータルサイト "ZERO WASTE TOWN kamikatsu"」を開設しました。

ゴミにするか? 資源にするか? は扱い方次第です。

関連記事

「い・ろ・は・す」とユニクロが協働  “プラスチック=資源”をアピール  2日から全国ユニクロ店舗でサンプリング(食品新聞)
上勝町ゼロ・ウェイストポータルサイト "ZERO WASTE TOWN kamikatsu"

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US