持続化給付金:事業者への給付金。法人200万円。個人事業主100万円

SDGsは、ご存じの通り「持続可能な開発目標」。ものごとは持続できてこそですし、持続できるからこそ、良い方向へ変化できていくものです。

そんな持続という言葉が使われた給付金が支給されます。現在のコロナ禍により、影響を受ける事業者への事業の継続のため、再起するための給付金です。

会社員ではない方にとっては、事業継承に必要なもの。法人は200万円、個人事業主は100万円。YouTubeでの説明もあります。該当する方は、事業を持続するために、ぜひ申請をしてください。

サイトの言葉をそのまま使えば、以下の通りです。

持続化給付金とは?
感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。

給付額法人は200万円、個人事業者は100万円
※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

■売上減少分の計算方法前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

申請方法は、5ステップ。
Webサイトへアクセスし、仮登録、本登録後、マイページを作成し、必要書類を添付して申請です。

関連記事

持続化給付金に関するお知らせ -申請方法編-(YouTube)
持続化給付金の申請手順

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US