京都工芸繊維大のPET(ペット)=ポリエチレンテレフタラートを分解させる細菌「イデオネラ・サカイエンシス」が英米チームで進化

京都工芸繊維大のPET(ペット)=ポリエチレンテレフタラートを分解させる細菌「イデオネラ・サカイエンシス」が英米チームで進化

プラスチックは分解しないもの。そう思っていました。しかし、2016年に日本で、PET(ペット)=ポリエチレンテレフタラートを食べて、数日で分解する細菌を発見していたのです。

この細菌の名前は、堺市内の工場から発見されたことからサカイエンシスという名前に。そして、それは、米英の研究チームにより”スーパー酵素”に繋がりました。

プラスチック問題に、期待される報告です。

関連記事

日本発の「プラスチックを食べる酵素」6倍”早食い”に リサイクルへの応用に期待

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)

SDGsナビ YouTube