京都工芸繊維大のPET(ペット)=ポリエチレンテレフタラートを分解させる細菌「イデオネラ・サカイエンシス」が英米チームで進化

京都工芸繊維大のPET(ペット)=ポリエチレンテレフタラートを分解させる細菌「イデオネラ・サカイエンシス」が英米チームで進化

プラスチックは分解しないもの。そう思っていました。しかし、2016年に日本で、PET(ペット)=ポリエチレンテレフタラートを食べて、数日で分解する細菌を発見していたのです。

この細菌の名前は、堺市内の工場から発見されたことからサカイエンシスという名前に。そして、それは、米英の研究チームにより”スーパー酵素”に繋がりました。

プラスチック問題に、期待される報告です。

関連記事

日本発の「プラスチックを食べる酵素」6倍”早食い”に リサイクルへの応用に期待

関連記事一覧

新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』