コオロギせんべい:当たり前に食べる日がくるかも。

コオロギせんべい:当たり前に食べる日がくるかも

「昆虫を食べる」という話はよく聞きますが、正式に商品として発売されている、「コオロギせんべい」。この誕生の理由が、まさにSDGsな話です。発売は、徳島大と良品計画です。SDGsである理由は、昆虫は、家畜よりも育てるのに、環境への負荷が少ないということです。

食用のコオロギを研究し発売。味はエビのようだということです。

徳島大によると、コオロギは、たんぱく質1キロを生産するのに必要な餌の量は牛の約2割で済むほか、温室効果ガスの排出量も牛に比べて3%程度と、環境負荷が小さいという。

コオロギと聞くと戸惑ってしまいますが、いつか当たり前になる日が来るような気もします。

そして、この商品。

無印良品のネットストアで5月20日に販売すると当日に売り切れ。7月10日からは一部の店舗で発売を始め、8月12日には販売店舗を拡大したが、好評で売り切れることも多いという。

人気商品となっています。

関連記事

エビに似た味、環境に優しい「コオロギせんべい」売り切れ続出
無印良品、「コオロギせんべい」を5月20日発売。「エビに近い香ばしい風味を楽しめる」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)

SDGsナビ YouTube