業務用ストロー菓子:ブルボンが業務用ルートで展開

先日、「ベトナム発の2つのストロー:竹ストローと米粉ストロー」について記事を書きましたが、日本では業務用ストロー菓子が4月に発売されていました。
チェーン店が本格的にプラスチックストロー廃止への取り組みを始め、紙ストローで提供する店舗も増えています。スターバックスも昨年から紙ストローでの提供を始めています。

しかし、紙ストローだけでない、環境への取り組みを今後考えていくこともあります。そんななか、ストロー菓子はちょっとユニークだ。
子供の頃に、ストローがお菓子だったら、と考えたことがある人もいるだろう。それが現実になり、環境にも良いというのは嬉しいことだ。

外食レストラン新聞調べでは、

クッキーのため耐水性はプラスチックよりも劣るものの、15分経過後も形状は保たれ、ストローとして問題なく機能した。

とのこと。

業務用ストロー菓子は、業務用食品ルートで販売され内容量は20本。クッキーの直径は12mmから13mmで、内径は8mmから9mm、長さは200mm。

プラスチックストローの問題は、目標14. 海の豊かさを守ろう
プラスチックストローの代わりになるものは、各業界から提案される可能性があるのではないかと思います。
紙、竹、米粉、菓子。まだまだ地球環境を汚染から守るストローの素材になるものはあるでしょう。

関連記事

プラスチックストローに代わる「業務用ストロー菓子」の実力は
プラスチック製に代わる業務用ストロー菓子が登場
スターバックス、紙ストローを2020年1月から導入。フラペチーノ用ストローは5月から

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)

SDGsナビ YouTube