みなとみらい2050プロジェクト:電動車いすWHILLを利用したシェアリングサービス

みなとみらい2050プロジェクト:電動車いすWHILLを利用したシェアリングサービス

目的地までのラストワンマイルの移動ツールとして、横浜市が近距離モビリティである電動車いす「WHILL」を利用したシェアリングサービスの長期実証実験を開始しました。

健脚な方には何気ない場所でも、そうでない人には厳しい場所があります。そういった方への支援になることはもちろん、健常者の方の移動も楽になるという面があります。車いすという言葉を使っていますが、自動運転システムであることがポイントなのです。

このシェアリングサービスは、利用日や利用時間、申込の仕方などに条件がありますが、料金は無料です。ステーションの場所は、MM21 グランモール公園1階「Cafe アニミ」。

「SDGs未来都市・横浜」を目指す横浜市の活動事例です。

関連記事

横浜市、電動車いす「WHILL」を使ったシェアリングサービスの長期実証を開始

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US