セイコーウオッチ:「触読式」腕時計のデザインを25年振りに刷新

セイコーウオッチ:「触読式」腕時計のデザインを25年振りに刷新

「触読式」腕時計とは、目の不自由な方が文字盤を触ることで時間を知る腕時計です。これまで採算度外視で販売をしていたことから、25年もデザインが変えられていなかったとのこと。実用性がメインということもあるのかもしれませんが、25年は長いと感じました。

しかし、今は誰もがオシャレを楽しむ権利がある時代。今回のデザイン刷新では、ピンクの文字盤にボルドー色の革バンドの女性向けもあるとのこと。

スマフォが普及し目の不自由な方のために音で操作できるアプリも増えていますが、スマフォを使っていることで誤解を受けることもあるというニュースを目にしたこともあります。

多くの人の理解と、オシャレを楽しむ権利。毎日、身に付けるものだからこそ、少しでも自分好みのものが使えればと思います。

関連記事

「触読式」の時計25年ぶり刷新 セイコー、視覚障害者向け
視覚障害者のスマートフォン利用を考える

関連記事一覧

新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US