BRITA:浄水フィルター付きボトル。ペットボトル削減と熱中症防止を合わせて考える。

BRITA:浄水フィルター付きボトル。ペットボトル削減と熱中症防止を合わせて考える。

今年の夏は、これまでとは違う夏になることが予想されています。マスクを身に付けた生活は、身体にどんな影響を与えるのか? 正直、想像できません。いつも以上に自分の身体の状態を、チェックしながら生活をすることが必要となるでしょう。

心配されているのは、熱中症。対策のひとつは水分です。ペットボトルを持ち歩くことが必須となりますが、ペットボトルはプラスチック。できるだけペットボトルを使わず、生活できないか? を考えたニュースです。マイボトルを利用してい方もいらっしゃいますが、飲み切ってしまったときに捨てられないことで荷物になってしまうことが否めません。

今回のニュースは、水道水を入れることができる浄水フィルター付きのボトルです。浄水されるので安心して飲むことができます。持ち歩ける浄水器です。

記事には、

水道水を美味しく飲めるよう、味やニオイに影響を与える9項目を除去する最新の“マイクロディスク カートリッジ”を搭載しています。また飲む直前にろ過するので、衛生面でも安全です。

と書かれています。

身体をケアしながら、ペットボトルの使用料を減らす。
目標14. 海の豊かさを守ろう です。

自身の健康とSDGsを合わせて考えるときの、ひとつの選択肢になるのではないでしょうか?

関連記事

外出先で使える浄水フィルター付きボトル「BRITA fill&go Active」
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/series/ichioshi/1261514.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)

SDGsナビ YouTube