ベトナム発の2つのストロー:竹ストローと米粉ストロー。日本に浸透する日は?

ベトナムといえば、今はコロナ感染者0と報道されている国です。そのベトナムには、2つのプラスティックストローに変わるものあるとニュースになっています。いずれも、昨年のものですが、日本ではなかなか届いていないような。個人的に私は、紙ストローにはは使ったことがありますが、竹ストローや米粉ストローを使ったことがありません。

これは、情報が届いていないのか? 使い心地が悪いのか? まだ日本人にとってプラスティック以外のストローに対しての意識が低いのか? 改めて考えました。

そのきっかけは、クラウドファンディングでの残念な結果を見てしまったからです。私自身も知りませんでしたし、PRや情報発信が足りなかったのかもしれませんが、ベトナム製の竹ストロー、Jungle Straws(ジャングルストロー)の輸入元である株式会社easypeasyでの結果です。目標金額200,000円に対して、3%の6,080円という数字。

目標14. 海の豊かさを守ろう にあたる、海洋プラスティックゴミ問題は、そこまで来ている問題です。今はカフェもしまっているところもありますが、脱・プラスティックストローについて、改めて考えるきっかけになりました。

今は自粛の時期、なかなかSDGsについて考える余裕がないかもしれません。しかし、コロナを乗り越えて、私たちは生きていかなければなりません。持続可能な開発目標を改めて見直すステイホーム週間となりそうです。

※写真は紙ストローです。

関連記事

エコな世界を「お米」から。ベトナムの「米粉ストロー」に注目
ベトナムで「脱プラ」広がる=再生紙の包装、竹ストロー
プラ以外のストロー!竹・ガラス・紙・ステンレス・シリコーン比較!
使い捨てストローはもうやめよう!Jungle Strawsでサステナブルを支援!

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US