ファミリーマート神戸新開地店:紙袋無料提供で他店と差別化。無料提供で起こる心理現象

ファミリーマート神戸新開地店:紙袋無料提供で他店と差別化。無料提供で起こる心理現象

7月1日にレジ袋が有料になって約2ヶ月。しかし、未だにレジ袋を巡ってのネガティブなニュースが流れてきます。そんななか、ファミリーマート神戸新開地店で、紙袋を無料で提供しているというニュースが届きました。

これは法律の抜け穴などではなく、行って良いことでファミリーマート本部もウエルカムとのことです。
しかし、費用面では従来のポリ袋は1000枚で約300円、紙袋は50枚で約350円と、コストがかなりかかっています。しかし、オーナーは、それよりもお客様に喜んでいただけることで、結果的には良いことと考えているようです。

レジ袋に関しては、「ヤマダ電機派からビックカメラ派へ… 「レジ袋無料」の店を選ぶ消費者心理」という記事も出ています。数円であっても無料だったものが有料になることは気持ちに変化が生まれています。それにより愛用していたお店を変えるている人もいるようです。

※画像は、経済産業省ホームページより引用

●ファミリーマート神戸新開地店
所在地:兵庫県神戸市兵庫区福原町 3番17号
営業時間:24時間

関連記事

ポリ袋じゃなければOK?…「紙袋」を無料提供する、神戸のコンビニが話題に
ファミリーマート神戸新開地店
ヤマダ電機派からビックカメラ派へ… 「レジ袋無料」の店を選ぶ消費者心理

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)

SDGsナビ YouTube