大雨で海の塩分濃度に変化。生態系に変化

大雨で海の塩分濃度に変化。生態系に変化

「25万ミリ」の雨が降った“令和2年7月豪雨”によって、多くの災害が起きました。その雨の影響は、海にも起きています。
海水の塩分濃度が薄まり、アサリの稚貝の9割が死んでしまったとのことです。

この雨は気象問題です。

夏は、まだ続きます。梅雨も明けていません。雨によって起こる災害に対し、私たちができることはとても少ないです。
今日も、北陸・東北で強い雨が降っています。

台風がこない7月が終わりそうです。台風が来ないせいで、梅雨前線が停滞するというニュースも出ています。

地球は変わってしまった。気候が大きく変化してしまった。その原因は、人が便利を求めたこと。
雨が降り続き海水が薄まってしまうということなど、考えたことありませんでした。

気候変動は、私たちが食べるものにも大きな影響を与えています。

関連記事

大量の真水…海の生態に異変~稚貝にも影響

関連記事一覧


新着TOPIC

  1. ユネスコ「国際数学の日」制定記念「私の数学のイメージ」表現コンクール

  2. SDGsネイティブ世代。格好いいから買っただけ。そんな商品を作るのが、大人の仕事なんだ。

  3. Z世代にとってSDGsは自分ごと!? 2050年の主役は君達だぁ!!

  4. ごみは「ごみなのか?」「資源なのか?」「再利用するのか?」「増やしてはいけないのか?」

  5. 「LGBTQIA」:他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないアセクシュアルという存在。ドラマ『17.3 about a sex』

follow US