製紙会社の取り組み:広島に届く折り鶴を平和を込めてリサイクル

製紙会社の取り組み:広島に届く折り鶴を平和を込めてリサイクル

2020年8月15日、終戦から75年を迎えました。戦争を知らない人も増えました。ただ2度と戦争を起こしてはならないと思う気持ちは変わりません。

広島に届けられる多くの折り鶴は、かつては焼却されていました。しかし、2012年から再生事業を行うことになり、平和の祈りを込めた再生紙として使われています。

一つひとつ心を込めて折られた鶴を、未来に繋ぐ。色が入った紙を溶かす時間を調整し、ベージュがかった温かみのある色合いの製品を作っています。

関連記事

平和の思い、再生紙に 広島の折り鶴を加工、便箋や卒業証書へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

SDGsナビ YouTube