東アフリカのソマリア大規模洪水で町の85%が水没し20万人が避難!

東アフリカのソマリア中部のベレトウェインで大規模な洪水のために1つの町のほぼ全域が水没し、人口40万人のうち住民20万人以上が避難を強いられている。
そのうち約半分は子どもだという事です。

さらに人的な被害に加え、住宅、各地を結ぶ道路、また電力網などに大規模な被害が生じています。

ソマリア中部のベレトウェイン(人口約40万人)は何日も降り続いた豪雨と洪水による浸水被害に見舞われ、住民はトラクターやボートで避難。
仮設キャンプに身を寄せる数千人が緊急に食料や水を必要としているという。

現地では職員が子どもたちの健康診断などを行っているが、物資が不足して対応は限界に近付いているとセーブ・ザ・チルドレンは説明、「緊急に支援を増やさなければ、手に負えない状況になりかねない」と危機感を強めている。大勢の子どもの命を奪いかねないコレラやマラリアの流行も懸念される。

出典:CNN

セーブ・ザ・チルドレンは、ソマリアは気候変動によるダメージの最前線にあると言及。
アフリカでは今後も豪雨が続く見込み。

出典:SustainableJapan

ソマリア政府の発表では、約35万人になんらかの被害が出ている。
バルダレ等の他の地域でも鉄砲水により3万人が被災した。

ソマリアとは?

ソマリア連邦共和国、通称ソマリアは、東アフリカのアフリカの角と呼ばれる地域を領域とする国家。
エチオピア、ケニアおよびジブチと国境を接し、インド洋とアデン湾に面する。 1991年勃発の内戦により国土は分断され、事実上の無政府状態が続いていた。
首都: モガディシュ
大統領: モハメド・アブドゥライ・モハメド
目的地: モガディシュ、 ハルゲイサ、 ベルベラ、 ボーサーソ、 キスマーヨ、 さらに表示
公用語: ソマリ語、 フスハー
通貨: アメリカ合衆国ドル、 ソマリア・シリング

出典:ウィキペディア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)