きかんしゃトーマス×SDGs動画まとめ。トーマスも社会貢献しながら世界一周!?

大人気アニメの「きかんしゃトーマス」もSDGs促進に大きな貢献をしていることをご存じでしょうか?

1945年より創刊した『汽車のえほん』が原作で、1984年からイギリスで鉄道模型を使用して撮影される人形劇、現在はコンピューターを使用した3DCGアニメーションとして放送開始されたきかんしゃトーマス。
世界中で愛されるトーマスとなり、日本では1990年よりフジテレビ系の子供向け番組『ひらけ!ポンキッキ』内のコーナードラマとして放送が開始されました。

現在では世界185の地域で30ヶ国語以上の言葉に翻訳されて放送されている誰もが知る超人気アニメへと成長しました。
そんなきかんしゃトーマスがSDGs推進しているというのは非常に興味深いことだと思います。

実はこの素敵なコラボ企画には国連が大きく関係しており、「きかんしゃトーマス」を展開するマテル社と国連が共同企画しSDGsに関連した映画やアニメを制作しているのです!
ちなみにマテル社とは、アメリカの大手玩具メーカーであり、2011年10月にヒット・エンターテイメント社及び「きかんしゃトーマス」の権利を買収しております。

ニューヨーク、2018年9月7日-国連とマテル社(米国)はきょう、国連本部で、幼児向けアニメシリーズ「きかんしゃトーマスとなかまたち」を通じ、未就学児に持続可能な開発目標(SDGs)を紹介する共同企画を発表しました。

出典:国際連合広報センター

今回のプロジェクトでマテル社との協力を主導したマーヘル・ナセル国連広報局アウトリーチ部長は、次のように語っています。「SDGsを世界に広め、あらゆる年齢層でその認識を高めようとする取り組みの中で、『きかんしゃトーマス』は子どもたちだけでなく、その保護者も自然に楽しめる最適な選択肢でした。SDGsは『きかんしゃトーマス』が、貧困に終止符を打ち、女児と男児に同じ機会を与えながら、もちろん地球も守ってゆくためのグローバルな取り組みに参加することの重要性を子どもたちに伝えるうえで完璧なツールとなりました」

また、マテル社のリチャード・ディクソン社長は、次のように述べました。「共感や協力、友情を一番大事にするトーマスは、以前よりもさらにその妥当性を増しています。それはまた、SDGsにも謳われているとおり、一生の中で最も重要なグローバルな価値を子どもたちに教えるうえで、極めて効果的な方法でもあります。トーマスと国連以上に適切なパートナーシップは想像できません。最も献身的で目的意識の強い人々、組織、そしてブランドは、より良い世界をつくるための協力の価値を認識しており、決して独力で事を進めることがないからです。それこそが国連の存在理由であり、トーマスが70年以上かけて学んできた一番大事な教訓でもあります」

出典:国際連合広報センター

実際に、日本の子供たちも「きかんしゃトーマス」をキッカケにSDGsを知った。という声を非常によく耳にします。
もしかしたら、お父さん・お母さんはSDGsを知らないけど、子供たちはSDGsを知っているというご家庭も少なくないのかもしれません。

世界的な知名度を誇っている「きかんしゃトーマス」がSDGsにちなんだエピソードを展開したアニメを配信しているというのは本当に素晴らしいこと。
子供たちだけでなく、大人であっても十分楽しみながらSDGsと触れ合うことができるため、是非!もっともっと多くの方に知ってもらう必要があると感じ、公開されている動画をまとめてみました。

きかんしゃトーマス×SDGs

世界中を大冒険しているトーマスがSDGsに関するエピソードを展開しています。

トーマスとなかまたち:SDGs出発進行

持続可能な開発目標(SDGs)を知ることで、より良い世界の在り方や、動物や自然について考えていきましょう。

トーマスとなかまたち:SDGs – 質の高い教育をみんなに(ゴール4)

教育の大切さ!教育というのは新しい何かを知ること。どこにいても勉強はできる。でも学校は物知りな先生たちがいる特別な場所だよ。
学校ではいろんなことを学べるだけじゃなく、新しい友達もできちゃう♪
男の子も女の子も一緒に学ぶんだよ。でも…世界中の子供が学校に通えているわけじゃない。
ある地域では限られた子供しか学校に通えなかったりもする。家族の中で男の子だけとかね…他にも学校に子供が学校にいけない理由がある。
近くに学校がなかったり、災害がおきたり、紛争がおこっている場合だ。とっても悲しいことだよね。。。
他の子たちと同じように学べないなんてつらいよー…

トーマスとなかまたち:SDGs – ジェンダー平等を実現しよう(ゴール5)

男の事女の子が平等に暮らすこと!女の子は弱くて男の事同じように働けないと思う人がいる…
でもそれは間違っている!!!

トーマスとなかまたち:SDGs – 安全な水とトイレを世界中に(ゴール6)

水の大切さについて!ぼくたちはみんな水が必要だ!水はいろんなことに使われているよ。

トーマスとなかまたち:SDGs – 住み続けられるまちづくりを(ゴール11)

都市での暮らしについて!いま世界には70憶以上の人々がいる。すごい数だねー。その半分が都市に住んでる。都市って言うの多くの建物があり大きな町で、たくさんに人々が暮らしているんだ。
都市の暮らしが苦手な人もいるよ。都市の空気は田舎よりも汚れている。車や工場が多いからね。でも都市にはいいところもあるんだ。賑やかで田舎よりも仕事もある。それじゃあ都市を暮らしやすくするためにはどうしたらいいかなぁ?
みんな安全で快適な都市に住みたいよね……

トーマスとなかまたち:SDGs – つくる責任 つかう責任(ゴール12)

リサイクルと再利用について!世界中で毎日たくさんのゴミが生まれる。土の中に埋めないといけないゴミが海に捨てられることもある。
それって地球によくないし、動物たちを傷つけるよね?
ゴミを減らす方法はたくさんある!!!たとえば使う物は必要な分だけ手に入れて、余分に取らないようにする。
または、使えるものは何度でも使うとかね。これを再利用っていうんだ。
だから、捨てる前に誰かに譲れないか…自分で再利用できないか、よーく考えるのも大事だよ。
壊れた物は、直してもう一度使う。直せないものはリサイクルするという手もある。
リサイクルって言うのは、使った物を何か役に立つものに変えるってこと。

トーマスとなかまたち:SDGs – 陸の豊かさも守ろう(ゴール15)

森林の大切さ!たくさんの木が生えているところが森林だ。陸地の三分の一は森林に覆われているんだよ。
そして、地球上のほとんどの虫や動物は森林で暮らしている。生き物たちにとって森林は大切な家なんだ♪

いかがでしょうか??どれも素晴らしい動画ばかりです。 お子様がいらっしゃる方は、ぜひ一緒に見てあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)