第2回ジャパンSDGsアワード受賞「SUNSHOWグループ」訪問インタビュー!西岡社長が語る理想の社会とは?

岐阜にあるSUNSHOWグループをガマ兄が訪問してきました!

岐阜県を拠点に活動するSUNSHOWグループは女性活躍の促進やSDGsの普及啓発などに積極的に取り組むことが評価され、第2回ジャパンSDGsアワードで特別賞を受賞した企業です。

インタビュー動画はコチラから!

今回は岐阜駅内にあるSDGsを発信するための基地、SUNSHOWBASEで社員の神田さんと寺田さん、そして西岡社長にお話を伺いました!

まずは女性活躍・働き方改革担当の寺田さんとSDGs担当の神田さんのインタビュー。

寺田さんはまず自分の子供と一緒に出勤することから「まず自分が働きやすいようにする。そうすれば女性が働きやすい環境になり、女性が来てくれるのではないか」という想いのもと、働き方改革を始めたそうです。

しかし最初はうまくいかなかったそうで、何度もやめてしまおうかとも思ったそうです。それでもここまでうまくいけたのは、1人ではなく、みんなで協力すればすぐに解決するということに気がつき、そこからいろいろな工夫を凝らした結果、今の快進撃があったと語ってくれました。「いまではここで働くことが誇り」だと言う寺田さん。

社長が自分の会社を良い会社というのはもちろん、社員さんがここまで言ってくてる会社は本当に良い会社なんだなとガマ兄も関心。

SDGs担当の神田さんも「今のように女性にも働きやすい環境になっていて、それを実際に続けていることが今回のジャパンSDGsアワードで賞が取れた要因なのでは。現在ではSUNSHOWグループは建築業界では珍しく「スタッフの半数が女性です」と聞いてびっくり。

とても聞き応えのあるインタビューでした。

続いては西岡社長のお話。

国から表彰されるまで成長した企業になりましたが、「最初は風土がとても悪い会社だった」と西岡社長は当時を振り返りました。

しかしこのままではいけないと社員にヒアリングをし、風土改革と目的設定の両軸をきちんと設定した結果、皆が共通の認識、体験、言語が出来てきて、徐々に現在の形になったと言います。

他の会社も目標を掲げてもうまくいかないのは、なぜその目標が達成するのが可能なのか、どうやってやれば達成可能なのか、達成した後どんな未来が待っているのか等のビジョンをきちんと共有できてないからだと言います。

西岡社長の理想の未来とは「互いの強みを生かし合って弱みを補える関係を作っていく事」

まさしく『誰一人として取り残さない 〜No one will be left behind〜』というSDGsの目標そのもの。

「自分達がその理想を実現させるべきだし、祖先から受けたバトンを引き継いでいかないといけない」と熱く、そして具体的に語って頂きました。

やはりパワーのある人から話を聞くのは元気が出ますね!
西岡社長を始めとするSUNSHOWグループにはこれからもいろいろと学ばせて頂き、そして是非一緒に素晴らしい世の中を作っていきたいと強く感じました。

インタビューにご協力いただいたSUNSHOWグループの皆様、本当にありがとうございました。

SUNSHOW GROUPとは

三承工業株式会社とN.SUNSHOW株式会社(本社:岐阜県羽島郡岐南町、代表取締役:西岡 徹人)が展開する5つの事業の6ブランドを指します。
企業理念に「全ての皆様に感謝の心で愛情と想いやりのある人・物創り」を掲げ、岐阜から全国へ、そして世界へ当社の想いを発信し、地元岐阜への貢献を目指します。

SUNSHOW GROUP × SDGs

SUNSHOW GROUPがこれまでに取り組みながら、さらに今後重点的に取り組み、発信していくのは下記の6つの内容です。

〇目標1:貧困をなくそう
住宅の提供による生活の質の向上から、貧困のスパイラルの脱却を支援する。

〇目標5:ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーレスに活躍できる職場環境整備を進め、さらにはその有用性や、実践ノウハウを全国に発信する。

〇目標8:働きがいも経済成長も
ダイバーシティ化を実践し、一人一人が幸せな働き方のできるよう、環境改善に取り組み、発信する。

〇目標10:人や国の不平等をなくそう
在日外国籍の方への不平等を改善するため、外国籍の方専門の窓口を開設し問題解決に取り組む。

〇目標11:住み続けられるまちづくりを
行政に頼り切る防災ではなく、各世帯が防災意識を高めていく住宅・まちづくりを提案。

〇目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
企業、NPO法人、政府、地方自治体とパートナーシップを組み、岐阜から全国へ情報を発信する。

SUNSHOW夢ハウス

三承工業株式会社が提供する住宅ブランド。「すべての人にマイホームを」をキャッチコピーに、建物本体価格780万円からの家創りを訴求しています。
低価格ながら高品質な住宅を提供することで、住宅建設にかかる費用を抑え、マイホームを手に入れた後の生活にゆとりを持ち、家族がさらなる夢に向かって進んでいけるように家づくりを提案しています。

SDGs in MINOKAMO Project

SUNSHOW夢ハウスは、2015年に美濃加茂支店をオープンして以来、外国籍のお客様への住宅提供に注力してきました。2018年には可児市に外国籍のお客様専用の窓口となる『SUNSHOW Global Office』を設置し、さらならサポートを充実してきた結果、現在は3~4割にまで増加しています。

新規で住宅を購入する外国籍のお客様が増える一方で、地域コミュニティ参加の問題があります。SUNSHOW夢ハウスでは挨拶回りから、居住のルールやマナーの指導、自治会への加入案内まで、お客様も地域の方もお互いが安心して住み続けられるようサポートを行っています。
しかし回覧板などの各種案内が理解できない、文化の違いが発端となる近隣トラブルが発生するなど、国籍の壁が障害となることがまだあります。

これらの問題を解決に導くには、お客様とSUNSHOW夢ハウスだけではなく、地域や自治体を含めた包括的な取り組みが必要となります。そこで、美濃加茂市本郷町の外国籍の方向けの分譲地を起点とし、「SDGs in MINOKAMO Project」を立ち上げました。

「SDGs in MINOKAMO Project」は、外国籍の方向けの分譲地及び新築住宅の販売を通し、当グループと外国籍のお客様、そして地方自治体と、地域コミュニティがパートナーシップを組むことで、新しいコミュニティの創出を目指します。
この四者が一体となり、より良い地域づくりを推進することを目的としています。

そして外国籍の方も含め美濃加茂市において、SDGsの基本的な理念である「誰一人取り残されない」持続可能な社会を実現していきます。

交流イベントでは、お住まいになる外国籍のお客様の「有事の際の安全確保」と「自己肯定感、自己効力感の提供」を目的とし、地域コミュニティや自治体との交流により、互いの理解を深め、関係性を構築する第一歩としてその実現を図ります。

関連サイト

SUNSHOWグループ SUNSHOW夢ハウス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。(コメントはお気軽に)